不用品回収をより簡単に

「不用品回収」それはおそらく誰もが一度ならず数度は行ったことのある作業でしょう。引っ越しの際に、部屋の大掃除の際に、もうゴミ屋敷清掃や片付けの神戸といえるところへ趣味が変わって模様替えしたくなった際に…その理由は様々あるかもしれませんが、実際不用品回収を思い立ってすぐ終わらせられる簡単なものだと感じている方がどれほどいるでしょうか。自分で車に積んで自治体の回収場所まで持っていき捨てる?リサイクルショップに持っていき売る?お金を払って業者に頼んで持って行ってもらう又は買ってもらう?方法は色々ありますが、そのどれもが「お金・労力・時間」がある程度以上かかってしまうものですよね。不用品回収にしろ粗大ごみにしろ、要はそのもの自体が大きいことがまずネック。自治体では回収してくれないタイプのものだったり、リサイクルショップでも思ったような値段が付かなかったり、業者はお金がかかるし…そもそも仕事が忙しくて動けるのは早朝か夜しかないよ、という方は業者に頼む一択になってしまうこともあるのではないでしょうか。面倒くさいから後回し、気が付いたら倉庫が要らないものでいっぱいだ。なんてことも起こりますよね。私は今まで何度か引っ越し経験があり、外国で暮らすこともあったのですが、ヨーロッパのとある国で暮らしていた時に友人のアパートで興味をひかれたのが不用品スペースたる場所。鳥取で根管治療を専門とする歯科医院はここからは簡単にいうと階段の踊り場(出窓だったのでそこを棚としても使用)に自分の不用品(ゴミや腐る系のものはNG)を置き、住民が気に入ったものを持ち帰るというシステム。エコフレンドリーだしお金にはならないけれどとても楽な方法で不用品を手放せる、そして誰かの役になる、素敵なリサイクル法がその国には存在していました。こういうシステムがその国にはアパート以外にも、住宅街の一角で業務用冷凍庫などを戸棚替わりに設置してその中に食べ物を置ける/持ち帰れるというものがあって、住民の性善説のもと行われているのでネガティブな要素ももちろんあるだろうけどシステムそのものはとても共感を得られる素晴らしいものだなと思ったのです。日本でも同じようなことが行われているのか分からないのですが、インターネットが進んだこの時代、クラシファイドサービスなどは最初に挙げた時間「お金・労力・時間」を最大限に削って尚且つ他人の役にも立てるサービスとして大変有効なものですね。処分以外に譲渡の道でみんながハッピーになれるサイクルがより広がるといいですね。